フェイシャルと化粧品

☆フェイシャルと化粧品

フェイシャルエステを受ける際には、普段使っている化粧品を少し見直すことによって、エステでのトリートメントとの相乗効果によってより大きな美肌効果が期待できます。

化粧品を選ぶ際には、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大前提です。
どんなに優秀な成分が入った化粧品でも、肌に合わないものを使っていたのでは、いくら他人にとっては大きな美肌効果が期待出来るものでも、自分にとっては全く意味がなくなってしまいます。

特にトラブルを起こしやすい敏感肌や乾燥肌の人は、まずは自分の肌につけてみて、トラブルを起こさずに使用感も良く、続けることによって肌質が大きく改善できるようなものを選ぶと良いでしょう。

☆保湿成分がたっぷり入った化粧品

保湿成分がたっぷり入った化粧品 どんな肌質の人にもおすすめなのは、保湿成分がたっぷり入った化粧品です。
化粧水や美容液などを選ぶ際には、ヒアルロン酸やセラミドなど優秀な保湿成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

これらの保湿成分はもともと人間の体内に存在している成分なので、アレルギー反応を起こす心配はありません。

しかし、スキンケア商品によっては、香料や防腐剤など配合されている添加物によってアレルギー反応を起こしてしまう場合がありますから、できるだけ肌に不要な成分を与えないためには、無添加タイプの化粧品や敏感肌用のものを選んだほうが安心です。

☆肌に不足している成分を化粧品で補充してあげる

肌に不足している成分を化粧品で補充してあげる フェイシャルエステに行くことによって、1度の施術でも肌質を大きく改善することができます。

しかし、肌は常にターンオーバーによって生まれ変わっていますから、一度だけ大きく肌質を改善できても、その後の普段のお手入れがうまくいかなければ、肌質はすぐに元通りに戻ってしまいます。

フェイシャルで手に入れた効果を少しでも維持するなら、肌が乾燥したりトラブルを起こさないように保湿重視のお手入れを心がけるとともに、肌に不足している成分を化粧品で補充してあげるケアがおすすめです。

どんな年代でも、美肌を手に入れるためには保湿成分は必要不可欠ですし、水分量がたっぷりの肌は、バリア機能も正常な状態に近づいているので肌トラブルを起こしにくくなります。

一方、肌が乾燥するとバリア機能が低下して様々なトラブルを起こしやすくなってしまいます。

また、30代以上の肌は、肌の内側でのコラーゲン生成量が減少するので、化粧品で不足しやすいコラーゲンを補給してあげるケアも効果的です。

フェイシャルエステでもハリや弾力成分を肌の内側まで浸透させるトリートメントを受けることができますが、自宅でも美肌成分をたっぷり肌に浸透させるようなお手入れをすることによって、フェイシャルケアの効果が長持ちしてくれます。

美肌とフェイシャルについてのカテゴリー関連記事♪

フェイシャルとは?カテゴリー一覧♪

Sponsored Links
Copy right(c) 2015-2021 フェイシャル@サロンナビ All Rights Reserved.
フェイシャル@サロンナビの公式FACEBOOK フェイシャル@サロンナビの公式Twitter
Copy right(c) 2015-2021 フェイシャル@サロンナビ All Rights Reserved.