乾燥肌に効くフェイシャルとは?。

TOP > フェイシャルとは? > もっと知りたいフェイシャル > 乾燥肌に効くフェイシャルとは?

☆乾燥肌に効くフェイシャルとは?

乾燥肌トラブルを抱える人はとても多いため、フェイシャルでも乾燥肌対策ができるコースに人気が集まります。

フェイシャルでおこなわれる乾燥肌対策のコースは、定番のクレンジング・スチーム・機械やハンドマッサージでの保湿・パック・仕上げのクリームといった流れになります。

☆クレンジング

クレンジング クレンジングは乾燥しやすい人の場合、あまり強くやりすぎてはいけません。

乾燥しているお肌は敏感になっているので、フェイシャルでは優しく丁寧にクレンジングしてくれます。

自宅でメイク汚れを落とす場合、どうしても力が入ってしまいます。
だからといって優しくやりすぎると、しっかりと汚れが落ちずに残るため、力加減が難しいのです。

やはりプロの技なので、フェイシャルでクレンジングしてもらいましょう。

☆スチーム

次にスチームですが、水分を補給すると同時に、毛穴を開く働きがあります。
毛穴を開くと、次に使用する保湿成分や美容成分が肌の内部まで浸透しやすくなるのです。

機械やハンドマッサージで成分を浸透させていくことになります。
この施術も、自宅できちんとやっているつもりでも、プロの技とはやはり違います。

美顔器なども最近はありますが、やはりフェイシャルで使用される機械、もしくはプロの手のほうが成分は浸透しやすくなります。

☆最後はパックや仕上げのクリーム

最後はパックや仕上げのクリームなどで、水分が逃げないようにフタをして終了です。
施術の手順は色々ありますので、乾燥肌といっても原因や状態によってケアする方法は変わります。

例えば、いわゆる粉が吹く状態に乾燥している肌の人は、肌の栄養不足が原因です。
粉は本来剥がれるはずの角質細胞が残っているものなので、血行が悪くなっている証拠です。

フェイシャルエステでは血行促進のために、ハンドマッサージを使用します。
マッサージをしながら美容成分を浸透させ、肌に栄養も与えていく施術をおこないます。

☆水分が蒸発してしまうパターン

水分が蒸発してしまうパターン 乾燥肌の状態としてよくあるのが、表面のバリア機能が弱っていて水分が蒸発してしまうパターンです。
水分保持力が弱く、バリア機能も弱いので水分補給をしても逃がしてしまいます。

このような乾燥肌には、水分の蒸発を防ぐために肌にバリア機能を復活させ、水分保持力を高めます
やはりマッサージが効果的で、細胞が活性化すると肌が元気になってくれます。

乾燥肌の種類によっても施術内容は異なりますので、エステティシャンとカウンセリングをした上でどんな方法が適しているか考えていきましょう。

もっと知りたいフェイシャルについてのカテゴリー関連記事♪

フェイシャルとは?カテゴリー一覧♪

Sponsored Links
Copy right(c) 2015-2021 フェイシャル@サロンナビ All Rights Reserved.
フェイシャル@サロンナビの公式FACEBOOK フェイシャル@サロンナビの公式Twitter
Copy right(c) 2015-2021 フェイシャル@サロンナビ All Rights Reserved.